MARUGOMA SOUL BROTHERS オフィシャルサイト

胡麻の友 ON LINE MARUGOMA SOUL BROTHERS まるごま

topimg

2.MEMBER

Vocal ジョクソン 章痔 (鈴木 章治) 1963.5.2生 AB型

【当時】
一応リーダー。人のような猿。ほとんど性格不明。メンバーにもよくわからない。ただ彼の独断により、MARUGOMAは結成された。彼のギャグは常軌を逸しており、そのままMARUGOMAの個性となって表れている。とにかく中心的人物である。愛知県岡崎市出身。
【その後】
一応まだリーダー。猿は猿のまま。もちろん未だに性格不明である。ただ、一流証券会社勤務のバリバリの証券マンで出世頭でもある。人間の女性と結婚もした。人間の子供も生まれた(ハッキリ言って可愛い)。歌もカラオケのおかげでうまくなった。でもやっぱり猿。東京、横浜、大阪、沖縄と転々とし、 現在東京都内から横浜市内に生息し、会社では結構エライ猿という話。
GUITAR Anton しんや (服部 晋也) 1963.1.16生 O型

【当時】
しゃくれた顎、たれ目など、とてもモテる男だとメンバーは思い、バンドにひっぱりこみ、見事女性ファンの獲得に成功。MARUGOMAを人気バンドに引き上げた。性格は極めて温厚であり、女子高生が大好きだそうである。ファンをものにするのはお手のもの、水子の霊もさぞ多いと思いきやそんなことは全くないことが判明。隠し事がうまい。彼のギターのカッティングは正確、清潔、誠心?と定評がある。 名古屋市出身。
【その後】
大好きな女子高生だったファンをメンバーに隠しながら妻とする。温厚な性格はそのまま、子どもは優秀。バーベキューのできる屋上がある家を持ち、毎日現場の監督と酒盛りをしている。ギターを重機のレバーに持ち替え正確、清潔、誠心な営業活動を行っている。メンバーの中で唯一パワーショベルを動かせる!夜は池田公園界隈に生息している。知らない間に転職をしていた。名古屋市在住。
GUITAR ひでぶつおか (松岡 篤志) 1962.11.7生 O型

【当時】
その体型からよくゾウアザラシと間違えられる。短期のバイトが好きでまぐろの水揚げから鶏の出荷まで勤めたバイトの業種は20種類を超える。彼の弾くギターは、岡本太郎と言われなんだかよくわからないが、そこがMARUGOMAにあっていると自分で思い込んでいる。E.クラプトンを師として仰いでいる。名古屋市出身。
【その後】
留年しマツと一緒に卒業し就職したとたんに3ヶ月で15kgの減量という離れ業をやってみせる。シャンプー、カット、ヘアカラーの練習のしすぎか。もう「ひでぶぅ」とは呼ばせないが一時期口癖だった。晋也や章治と同じ年に結婚、転職。現在はネイル業界でのハーレム化を目指している。最近の口癖は「オレが幹事だっ!」東海道新幹線沿線上に出没。名古屋市在住。
BASS ダッチおどり (小栗 和晴) 1964.3.9生 A型

【当時】
彼のその風貌から発せられる雰囲気は周囲の者を和やかにさせ、自然と笑いが生まれてくる。ただ大変なめんどうくさがり屋で横の物を縦にするのも嫌がるのである。下宿の部屋は汚く、かつては押し入れにキノコをはやしたこともあり、冷蔵庫には4年前の牛乳と3年前の卵が入っていることも忘れてはならない。彼の弾くベースは、その性格のようにとてもシャイな音でMARUGOMAリズムセクションの柱となっている。また彼のサンダーバードの物真似は他の人の芸を寄せつけず光るものがあり、MARUGOMAの人気に一役買っている。海老一染之助・染太郎を師として仰いでいるファンキーベースマンである。岐阜県中津川市出身。
【その後】
4年前の牛乳は固まってチョークのようになり、3年前の卵はカラカラと音がしていたが、はれて農協職員となる。栗きんとんが食べたいときはまず彼に電話する。子だくさんというところもファンキーベースマンのままである。久々にフレットレスベースを買ったのだが、ほとんど触らなかったようで知らないうちに畑の中にネックが刺さって案山子の代わりになっていたという曰く付きのファンキーベースマンである。でも大変なめんどうくさがり屋はあいかわらずである。岐阜県中津川市在住。
DRUMS チャイナ元さん (呉 元章) 1963.6.10生 O型

【当時】
幼い頃から父親の仕事の関係で中国から横浜へそして蒲郡へと港町を転々としている。そのせいか性格はとても大陸的でドラミングにも表れている。しかしとてもケチでケチの上に「ど」がつくほどである。とはいうもののドラムのテクニックは素晴らしく放っておけば何時間でもソロをやってしまうほどである。MARUGOMAのリズムリーダーである。忘れてならないのが実は蒲郡吹奏楽団に在籍していたファゴット奏者でもある。中華人民共和国北京市出身。
【その後】
盲腸はビールで治ると信じている彼が唯一音楽で生計をたてている。大学卒業後、サラリーマンになったが3ヶ月もたたないうちに上京、北島三郎に弟子入りし師匠の馬の世話をする。その後ドラム教室をはじめ、執筆活動もはじめ、教則本を何冊もメジャー出版する。今では東京、神奈川、千葉、埼玉で11拠点を有するドラム教室TGPドラムスクールの立派な経営者でもある。「経費で落とすから領収書頂戴」が口癖。最近ではインディアンフルートとという笛でメジャーデビューを果たす。新宿南口界隈に生息。恐妻家。
KEYBOAD ドルーピーマツ (松原 正克) 1964.10.3生 AB型

【当時】
幼少から鍵盤に慣れ親しみ、高校時代にグレたものの見事更正。テクニカルハードキーボード奏者となった。しかし自閉症のため、孤独を愛すが為にパチンコ、競馬とギャンブルを好み、その腕はプロ級である。ちなみに彼の楽器や機材は全てギャンブルで手に入れたものである。名古屋市出身。
【その後】
パチプロになったかと思いきや、某一流ハウスメーカー勤務。「家のことならマツに聞け」とメンバー内では言われ続けているが彼の会社の家は高くて凡人には手が出ない。眠たそうに歩く癖はあいかわらずで今は単身赴任中のマンションの1階のうなぎやでうなぎを食べながら寝る生活をしている。仕事をホッポリ出してライブに出演しようとする熱いやつである。そのくせキーボードにはもう何年も触ってないらしい。歌唱力はまるごまでダントツにうまい。埼玉県さいたま市在住

※できるだけ事実に忠実に書いたつもりですが、多少矮小してあります。ご了承下さい。

uO