MARUGOMA SOUL BROTHERS オフィシャルサイト

胡麻の友 ON LINE MARUGOMA SOUL BROTHERS まるごま

topimg

特定のタグがついた記事

6月28日 スタジオで練習してきた。

わたしとしんやとおどりさんの3人だ。

iPodで曲を流しながらそれに合わせて新曲を弾いていたのだが、レンタルスタジオで音を出すなんて高校生以来ではないのか?

まるごまはTFAのスタジオでやっていたので、外でなんて練習の経験が無い。

しかも最近の機材なんてのはさっぱりわからないので、アンプもジャズコーラスはわかったのだが、GアンとBアンの区別がさっぱりつかない・・・。

iPodのセッティングをしてさぁギターのセッティングをと思ったら、おどりさんのアンプのスピーカーからドライブのかかった歪んだベースの音が・・・。

「これベースアンプにしてはつまみが多くてわからんなぁ・・・。」

「それギターアンプじゃねぇ?」

「きっとそうだよ」

このだらしなさ・・・。おまけに位置を変わろうとすると「ぱんっ!ばちっ!」とスピーカーが飛びそうな音。

しんやはしんやで「このエフェクター音出るかな・・・」

でもとにもかくにも音は出て何とか練習はできました。

pap_0002

pap_0001

この後姿・・・何年経っても一緒だねぇ。

結果当日やる曲を決定しました。メーリングリストで送りますので各自練習、リハビリに精を出してください。

次回の練習日はお盆休みにどこかでやりたいし、16日の当日は振るメンバーで朝から開始まで豊橋で練習します。

今新曲作ってます。

曲はできたのだが、デモを起こす作業がこりゃまた大変。

kc3a0523

みんなが揃えば黒板にコードを書いてせーのでアレンジをしていたのでとってもラクなのだが・・・今回は「せーの どん!」ではできないのである程度アレンジしてデモに起こすしかない。メロディーも猿には口伝えできそうもないのでガイドラインをカラオケのように入れる。
地道な打ち込み作業である。キーボードを完璧に弾けるわけではないので、ワンフレーズづつちょこちょことやる。
しかもメンバーの楽器の数に限定されるのでさらに難しい。
特にマツのキーボードはあの名器「DX-7」が2台。ピアノとオルガン、ブラスとあるのだが弾く人は当然マツひとりなので同時に鳴らすことはできない。 うーん困った。
おどりさんもリハビリ中なのでできるだけ簡単に。
元さんはプロなのでなんとかなるだろう。しかし実際の打ち込みデータは手が3本ないと叩けないようなリフになっている。

kc3a0524

ギターはあとで直接弾いていれればいいやと思いながら作業をしてるとなんだか頭の中で描いていた曲とすこしづつ違ってくる。
うーん結局最後までできなかった。今度の日曜日には仕上げなきゃ。

uO